睡眠不足が続くとヘルペスが肌の柔らかい部分に発症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで何度かヘルペスになっておりますが、体が疲れてきたり睡眠不足が続くとヘルペスの水泡が肌の柔らかい部分に出てきます。

ヘルペスが出やすいのが性器付近の陰部の辺りで、痒みがあったりしてパンツやストッキングをはくと擦れて痛痒いことがしばしばあり困っています。

日常生活では、特に買い物で自転車に乗るときが痛いですし、排尿痛がひどくてトイレをするのを我慢してしまうこともありました。

熱が出やすいことが多く、体が妙にだるくてしばしばパートを休まなければならないこともあって、何とか治療をした治したいとは思っておりますが、なかなか完治しなくて困っております。

病院に行って検査してもらったところ、アトピー性皮膚炎のせいで皮膚が弱っているところに菌が入って感染したのかもしれないと診断されました。

治療方法としては抗ウイルス薬を服用しておりますが、体に合わなくて反対に痒みが出てしまうことがあって、なかなか継続して薬の服用が難しいのです。お医者さんからも、一度感染するとなかなか治りにくいと言われているので、根気よく長い目でみてはいますが、熱が出て仕事に行けなくて生活費に支障が出るのが困りものです。

塗り薬でかゆみ止めを処方されているので塗っておりますが、これを塗ると少し痒みが楽になるのですが、ぷつぷつした水泡自体は一度出るとなかなか引っ込みません。

ヘルペスの予防として普段から気を付けていることは、外出したら手洗いやうがいは必ずすること、あまり激しいスポーツや体に負担にかかる作業はしないこと、夜は10時までには布団に入り十分に良く眠ること、好き嫌いなどせずにバランスのとれた食事をとり、基本的には抵抗力のある体を維持することを心がけております。

また、軽いアトピーのせいで皮膚がもともと弱いので、下着は化学繊維の物は控えコットンの物を使用して、汗をかいたらこまめにシャワーをして性器部分や皮膚を清潔に保つよう気を付けております。

 

名前 :かなりあ
年齢 :32歳
性別 :女性
ヘルペスができる場所:性器、太腿の内側
ヘルペスができる頻度:2ヶ月に1回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*